今注目の声優養成所、東京エリアのおすすめをピックアップ!

声優の仕事量ってどのくらい?

声優の仕事量ってどのくらい?

 

 

声優として働く際に気になるのがお仕事の実態です。
一体、声優はどのように働いていてどのくらいの仕事量があるのでしょうか。
あまりにも仕事量が多いのはやはり困ります。
そんな声優の実態について見ていきましょう。

 

声優の仕事量について

声優の仕事量は声優によってかなり変わります。
声優によっては一日に10時間も働いているような人もいれば、数時間程度しか働かない人もいます。
仕事量はレコーディングの締め切りが来れば急激に増えるなんてこともあるのも特徴でしょう。

○こうした仕事量はある程度声優が制御することもできます
例えば、仕事量を減らしたい場合には仕事のオファーを断れば良いだけです。
こうした声優ならではの自由さがありますから、好きなように働いていきたいという場合にも声優は良い選択肢かもしれません。

○何より、がむしゃらに働いてもあまり給料も高まってきません
声優では一つ一つの仕事の質が大事です。
たとえ仕事量が少なくとも一つ一つの仕事を確実にこなしている人であればより仕事も舞い込んでくることでしょう。

 

声優業はかなり辛いこともある?

声優業は決して簡単な仕事ではありません。
人によってはかなり激務だと感じるということもあります。
◆例えば、声優はけっこう徹夜や残業などもあることを知っておきましょう。
もしも納期に間に合わないともなれば徹夜などをしてレコーディングしていかないといけません。
何度も声出しに失敗するとそれだけスケジュールも遅れてきます。

◆他に、声優業は人間関係が面倒なものです。
声優プロダクション内に派閥があるなんてところもありますし、レコーディング中にも他の声優との関係づくりには注意しないといけません。
こうした人間関係が嫌になって声優をやめる人もいるくらいです。
こうした面倒はどこの業界にもあるものですが、声優業界は狭いために人間関係のしこりが永続しやすいのも嫌なところでしょう。

◆声優業はかなり移動の所要が激しいこともあります。
例えば、数件も仕事を抱えている場合には一日に幾つものレコーディング・スタジオに行かないといけないこともあります。
声優として声出しするだけで疲れるのに移動も何時間もしないといけないとなるとくたくたになってきます。
これも声優業の辛いところの一つです。

◆このように声優業はいろいろと厄介なこともありますが、特に声優業は仕事が安定しないことも最大の難点かもしれません。
声優業は人によって仕事が来る・来ないの差が激しく、仕事が全く来なくて声優業をやめる人もいます。
やはり仕事が来なければ声優業も続けていけません。
もしもこれから声優を目指すという場合にはこうした声優業ならではの大変さを理解して置くことが大事です。

仕事が大変な場合には声優業を休止してみるのも良いでしょう。
声優業は途中でやめてしまってもそこまでキャリア的に問題はありません。
声優を少し休止して他の仕事に移ってみるというのもおすすめです。
特に声優に対して情熱が薄れてきたら他の仕事をしてエネルギーを回復させてみると良いでしょう。
また声優業に関わりたくなってきたら再び声優プロダクションに所属すれば良いだけです。

声優業の辛さはいがめないところですが、こうした辛さを乗り越えるためにも声優仲間もしっかりと作っておきたいところです。
声優仲間は何かと役立ってくるものなのですが、声優仲間がいれば辛いことも乗り越えやすくなってくることでしょう。
これもこれから声優をする際には知っておきたいポイントになってきます。
◆他にも、

声優業が辛くなってきたら声優プロダクションを変えることで状況が一変するということもあります。

サイト内検索
東京の声優養成所ランキング!
インターナショナル・メディア学院
俳協ボイス
青二塾
81ACTOR’S STUDIO
日本ナレーション演技研究所
記事一覧