今注目の声優養成所、東京エリアのおすすめをピックアップ!

声優の仕事のオファーをもらうには?

声優の仕事のオファーをもらうには?

 

声優は基本的にオファーをもらって仕事をしていくこととなります。
一度に何度もオファーを受けて幾つもの仕事を抱えている声優もいれば、一本のオファーに集中する声優もいます。

こうしたオファーはどのようにしたらもらえるのでしょうか。
また、オファーをもらう際に気をつけて起きたらよいことはあるのでしょうか。

 

オファーのもらい方を理解する

声優である以上、オファーについては熟知しておかないといけません。
オファーは声優プロダクションからもらえることが通常ですが、声優プロダクションが持っている仕事の条件にあなたの才能が当てはまるようであればオファーがやってきます。
オファーを受けるかどうかは声優プロダクションによっては選択できることもありますし、自分では全く選択できないこともあります。
このような違いもあるので声優養成所を選ぶ際には比較しておくと良いでしょう。
また、フリーで働いているとオファーはいろいろな声優プロダクションからくることもあります。

○オファーが来たら基本的な条件を確認しましょう
◆例えば、給料や働く期間、仕事の特性などです。
こうしたことをチェックせずに全てのオファーを受けるのは考えものです。
とはいえ、オファーはやはり基本的に断らないようにすることが大事です。
オファーを断っていると次からオファーが来なくなることもありますので気をつけておきたいものです。

オファーをより多くもらうには自分をアピールすることも大事です。
例えば、自分の強みなどを見つけておくと良いでしょう。
より自分の脳力を多くの人に知ってもらうためにも自分のボイスサンプルなどを紹介するのも一つの手です。

このオファー以外にオーディションも声優には大変大事です。
大きな仕事になるとオーディションによって役柄が決まることもあります。
オーディションはいろいろな人にチャンスがあるもので、オファーよりも有利な条件で契約できるようなこともあります。

ちなみにこうしたことは声優養成所でも教えてもらえます。
声優養成所を卒業した先輩からオファーや声優業界についての話を聞くこともあるでしょう。
こうした知識は実際に声優になった際に役立ちますから十分に知っておくと良いでしょう。

 

オーディションをうまく突破するコツについて

オファーとともに大事なのがオーディションです。
オーディションを突破することは声優として成功するためには書かせません。
声優プロダクション入所時にもオーディションがあります。
このオーディションを突破するコツは声優養成所で教わることもありますが、ここでそのポイントを抑えておきましょう。

○コツ

◆まず、オーディションでは自分の強みを最大限に活かすことが大事です。
例えば、低音ボイスが得意ならばそれを用いてみましょう。
オーディションには多数の人が参加しますから、あまりパッとしないようだと採用もしてもらえません。
このため、少し極端な用でも自分の強みを出すことが大事なのです。

オーディションの趣旨を理解することも大事です。
オーディションの趣旨を理解することでどのような人が求められているかもわかってきます。
このため、オーディションの募集要項はよく読んでおくと良いでしょう。

オーディションに落ちてもめげずに何度も受けることも大事です。
オーディションはいろいろなところで開催されていますから、落ちても良い勉強と何度も受けると良いでしょう。
オーディションに落ちるとけっこう精神的に堪えるものがありますが、オーディションを受けることによって自分のプレゼン力なども確実に高まってきます。
こうした能力は声優をしている以上はいつまでも必要になってくるものです。

サイト内検索
東京の声優養成所ランキング!
インターナショナル・メディア学院
俳協ボイス
青二塾
81ACTOR’S STUDIO
日本ナレーション演技研究所
記事一覧